スムージーダイエットを飲むときにはどんな注意をすればいいのか

スムージーを使ったダイエットは、非常に高い効果がありますのでモデルや有名人なども利用しているものなのですが、スムージーダイエットで痩せるのは正しい方法でもって利用することが条件となってきます。

スムージーは、どのように使えばいいかお教えしましょう。

グリーンスムージーを飲む場合の注意点

グリーンスムージーというのは、ただ飲めばいいわけではなくより痩せるためにはどんな飲み方をすればいいのかという違いがあるんですね。

まず、一番に気をつけるべきことがグリーンスムージーの飲むペースですね。

グリーンスムージーは、実はゆっくりと飲む方が栄養素が吸収しやすくなるんです。

スムージーの中に含まれている消化酵素は唾液の中に含まれるアミラーゼという物質と混ざり合うことででんぷん質をマルトースという物質に分解してくれるんですね。

なので、体の中に入ったときにより効率よく吸収されるのはゆっくりと口に含んでしっかり唾液を含ませるようにして飲むことが大事なんですね。

スムージーは、作ってからある程度早めに飲まなくてはいけないと言っても作りおきがよくないだけで、一気飲みしなければいけないわけではありません。

なので、ゆっくりと飲むようにすることを意識しましょう。

冷やしすぎに注意しましょう

もう一つが、意外と知らない人が多いのがグリーンスムージーの音頭についてですね。

飲み物は、冷たい方が飲みやすいということで冷やして飲む人も多いのですが実はグリーンスムージーは冷やして飲み過ぎると冷え性が悪化してしまうことがあるんですね。

なので、基本的にはグリーンスムージーは冷やして飲むよりもできるだけ常温で飲んだ方がいいんです。

ただ、グリーンスムージーを常温で飲んでしまうのはちょっと飲みくちが苦手、という場合もあるんですね。

なので、どうしても冷やして飲みたい場合はグリーンスムージーを飲む前に白湯を先にいっぱい飲んでからにするようにすることで、冷やしたグリーンスムージーで体が冷えてしまうことを予防することができるんですね。

此方の場合も、やはり飲むペースはゆっくりがおすすめです。

グリーンスムージーは適切に飲む

これ以外にも例えばグリーンスムージーは食事の前後に飲むというのはやめたほうがいいですね。

置き換えダイエットのように、食事の代わりに飲むのはいいのですが食事の直前や直後に飲んでしまうと、栄養素の吸収が非効率になったり、炭水化物や脂質と混ざってしまうんですね。